ウェブ制作をするために必要となるスキルとは?

WEBサイトの制作に必要な最低限の知識とは?

WEBサイトを制作するにあたって最低限必要となる知識は、CSSとHTMLです。CSSとはスタイルシートとも呼ばれる見た目を指定するためのもので、どのような位置にどのようなサイズの画像を配置するのか、サイドメニューバーはどこに配置させるのかなどを決めることができます。一方でHTMLとは文章構成を指示するためのもので、見出しと本文の区別や文字に関する色付けなどを行うことが可能です。基本的にはこの2つのスキルを活用してWEBサイトは製作されていくため、最低限マスターしておくべきスキルです。また、場合によってトップページで記事がスライドされるようにしたい、マウスを動かすと記事が浮かび上がるようにしたいなど、WEBサイトに動きを付けていきたい場合にはjavaの知識も必要になってきます。

スキルなしでもWEBサイトの制作は可能か

WEBサイトを運営してみたいけどスキルがないから諦めているという方は少なくありません。しかし、WEBサイトの制作は特別なスキルがなくとも行うことができます。その代表的なのがwordpressで、未経験・初心者でも簡単にWEBサイトの制作を行えるプラットフォームになっています。このwordpressではWEBサイトの制作はもちろんのこと、記事の制作も行うことができるため、幅広い方たちに人気があります。また、無料で利用することができるため、WEB制作会社に一から発注する必要もありません。ただ難点として、無料のテーマを使用した場合、自由度が低いという点が挙げられます。テーマとはある程度形作られたWEBサイトを自分好みにカスタマイズできるもので、無料の場合は有料と比較してデザインの種類は少なくなります。wordpressの活用にはメリット・デメリットがあるものの誰でも簡単にできるので、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

コーディングに必要なものはHTMLとCSSです。この二つを理解しておくことがweb制作をする上で基本となっています。