初心者必見!費用をかけずに自分で作れるホームページ


自分でホームページを作るには基礎知識が必須

自分のお店や趣味のサイトなどとホームページを作る目的は、ひとそれぞれですよね。

そもそも何も知識がないのに自分で作れるかや何から手をつけていいのかなど、わからないことだらけなことは仕方のないことです。

そのためには、基礎知識を知っておきましょう。

ホームページが公開される仕組み

インターネットを使ってホームページを閲覧するには、Google ChromeやInternet Explorerなどといったブラウザを使って、そのホームページの情報提供しているWebサーバーへアクセスしなくてはなりません。

そのWebサーバーに保管されている、HTMLやCSSファイル、画像ファイルなどのデータが送信されることで、パソコンやスマホなどに表示されるというわけです。

HTMLやCSSってどんなもの?

ホームページを表示させるには、プログラムが必要です。

そのプログラムが書かれているのがHTMLファイルで、1ページごとにひとつのHTMLファイルを作成することになります。

CSSは、HTMLと組み合わせて使うもので、フォントの種類や大きさ、背景などの見栄えやスタイルに関する情報のことで、ひとつのWebサイトにひとつ以上のCSSファイルを用意するのが基本です。

CSSファイルがあることで、ホームページの見栄えが統一されるというわけです。

ホームページの作成方法

ホームページの作成方法には、制作会社に依頼するや無料のホームページスペースを利用する、テンプレートをダウンロードするなどがあります。

制作会社に依頼する場合には、デザインからコーディング、サーバーへのアップロードまで行なってくれ、デザイン性の高いオリジナルのホームページが実現しますが、かなりの費用が必要となります。

ホームページ制作にはWordpressがおススメです。無料ドメインから始まることも独自ドメインを取得して始めることもできます。またSEOが他のサイトと比べて高いのも特徴となっています。