水没したスマホのデータが必要?データ救出サービスに頼もう!


水に落して電源が入らなくなったときは

精密機械のスマホを水に落してしまった場合、防水加工がされていないのなら、簡単に壊れてしまいます。水没のせいで壊れたスマホは、電源が入らず、一切の反応をしなくなるケースが多いです。

もしかすると、しっかりと乾かせば、電源を入れられる可能性があるため、何日間かかけて乾燥させてみるのもよいでしょう。ただし、きちんと乾燥できていない状態で電源を入れると、ショートをしてしまい完全に壊れてしまいます。もしも、乾燥させても電源が入らないのなら、そのスマホは完全に故障したと考えてよいので、修理をするか買い換えるか決断しましょう。

ちなみに、内部のSIMカードは水没くらいで故障するものではないため、取り出しておくことをおすすめします。

スマホに対応するデータ救出サービスに相談を

水没して故障したスマホを、修理するとしても買い換えるとしても、中身のデータは戻ってきません。そのため、中身が大切だと考えるなら、データ救出サービスに依頼をしましょう。そちらに持ち込めば、スマホ内部の記憶媒体からデータを吸い出してくれるので、電源が入らなくても大丈夫です。

なお、いろいろなデータ救出サービスがありますが、パソコンやビデオカメラのみに対応していて、スマホは受け付けていないところもあります。何に対応したデータ救出サービスなのかは、公式サイトに載っているため、対応機器の一覧を見てから申し込みましょう。水没したスマホからデータを取り出す料金は、見積もりをお願いすると教えてもらえます。

スマホ修理はパーツが小売されている事もあり、自身でも行う事が出来ます。難しい箇所の修理はプロに任せて、簡単なものは自分で行うなど使い分けが行いやすくなっています。